日経ビジネス 2020/04/06号

ケーススタディー 技術戦略
テルモ(医療機器大手) 成長導いた「脱・自前主義」

 カテーテル治療ではまず、血管にカテーテルの入り口をつくり、「ガイドワイヤ」と呼ばれる直径1mmに満たない金属線を挿入して曲がりくねった血管中を通しながら治療部位までの道筋を確保する。その後、ガイドワイヤに沿わせてカテーテルを挿入し、風船をふく…(50〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7696文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 商品企画
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
テルモ
update:20/04/13