日経ドラッグインフォメーション 2020/04号

Interview
東京大学医学部附属病院薬剤部薬剤主任 高山 和郎氏
新型コロナ感染症の流行を機に薬局の感染対策を見直して体制整備を

 感染対策は病院でも薬局でも同じであり、それは標準予防策と感染経路別予防策の2つに尽きます。標準予防策とは、感染症の有無に関わらず、全ての患者に適用する予防策です。血液や体液、分泌物(汗は除く)、排泄物などの湿性生体物質と、それらに汚染され…(20〜22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3803文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Interview(20〜22ページ掲載)
東京大学医学部附属病院薬剤部薬剤主任 高山 和郎氏
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
【記事に登場する企業】
東京大学医学部付属病院
update:20/04/17