日経コンピュータ 2020/04/30号

ケーススタディー
LINE
攻めのセキュリティーで1.6億人守る 要は「自動化」、技術者の挑戦を尊重

 少ない人数で大量のサービスを守るためLINEが2016年以降、特に力を入れる取り組みの1つが「自動化」である。セキュリティー維持に関する多種多様な業務を分析し、可能な限り自動化することで、少人数でも多数のサービスのセキュリティーを担保できる体制を整え…(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4772文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > オフィスセキュリティ > オフィスセキュリティ全般
通信・ネットワーク・放送 > 構築事例・ノウハウ(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送の構築事例・ノウハウ)*
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > ICT > セキュリティ
【記事に登場する企業】
LINE
update:20/06/16