日経コンピュータ 2020/04/30号

動かないコンピュータ
古河電気工業
経理や購買システムの刷新が頓挫 ワークスと訴訟、争点は完成責任

 古河電工がグループの経理や購買、販売といった基幹系業務システムの刷新に着手したのは2016年のことだ。グループの業務プロセスの標準化などを目指したプロジェクトの一環として始まった。 2016年2月、古河電工はまずRFP(提案依頼書)をITベンダー数社に送付…(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
通信・ネットワーク・放送 > 構築事例・ノウハウ(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送の構築事例・ノウハウ)*
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
【記事に登場する企業】
古河電気工業
ワークスアプリケーションズ
update:20/06/16