日経ビジネス 2020/05/04号

特集 コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる 窮地を越えよう
コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる
窮地を越えよう

 新型コロナウイルスの感染拡大が街の風景を一変させてしまった。 さらなる拡大を防ぐため、人々の暮らしを支える「お店」は究極の選択を迫られている。 開けるのか、閉めるのか。開けるとすればいかに安全性を確保するのか。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる 窮地を越えよう(24〜25ページ掲載)
コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる
特集 コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる 窮地を越えよう(26〜31ページ掲載)
PART1 激減する消費、問われる店舗の意味 営業か休業か 苦悩する経営者
特集 コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる 窮地を越えよう(32〜33ページ掲載)
TOP INTERVIEW コンビニはもっと地域密着に 他
特集 コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる 窮地を越えよう(34〜37ページ掲載)
PART2 「対面販売」にこだわらない 来店減にあらがう 新たな価値探る
特集 コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる 窮地を越えよう(38〜39ページ掲載)
TOP INTERVIEW 「アフターコロナ」の消費も注視 他
特集 コロナ・エフェクトで悲鳴 「お店」がつぶれる 窮地を越えよう(40〜41ページ掲載)
PART3 コロナ禍を乗り越えるために 「お店」の使命を問う
関連カテゴリ・企業名
update:20/05/12