日経PC21 2020/08号

特集2 Gmail徹底活用
〔送信〕 テンプレ活用から時限式消去まで裏ワザ尽くし

 取り扱いに注意してほしいメールを送る際に、漏洩が心配なら「情報保護モード」を使う手がある(図8、図9)。このモードで送ったメールは転送やコピーができず、指定の期限を過ぎると内容も読めなくなる[注1]。 文末に添える署名は相手によって変えたい場…(54〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1271文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 Gmail徹底活用(49ページ掲載)
Gmail徹底活用
特集2 Gmail徹底活用(50ページ掲載)
〔基本〕 設定変更でGメールの実力をフルに引き出す
特集2 Gmail徹底活用(51〜53ページ掲載)
〔表示〕 上級者なら重要メールを逃さず内容も即チェック
特集2 Gmail徹底活用(54〜56ページ掲載)
〔送信〕 テンプレ活用から時限式消去まで裏ワザ尽くし
特集2 Gmail徹底活用(57〜59ページ掲載)
〔整理〕 秘伝の検索テクと自動仕分けで片付け名人
特集2 Gmail徹底活用(60〜61ページ掲載)
〔外部連携〕 別アドレスとの“二刀流”でGメールをさらに生かす
特集2 Gmail徹底活用(62ページ掲載)
〔拡張機能〕 新着チェックや整理がはかどる! 珠玉の3本
特集2 Gmail徹底活用(63ページ掲載)
〔スマホ〕 タッチ操作の設定変更で効率が劇的アップ!
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > インターネット関連ソフト*
メディアトレンド > ICT > PC
update:21/03/03