日経ビジネス 2020/07/20号

時事深層 INDUSTRY
大企業と町工場、特区で連携 自動運転開発、羽田がハブに

 もともと湾岸エリアの特区は「20年に開催予定だった東京五輪で注目が集まるため選ばれた」(内閣府の担当者)。新型コロナウイルスの影響により東京五輪は21年に延期され、その実現可能性もなお不透明だ。それでも羽田周辺が注目を集めるのは、モノ作りの面…(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1656文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
Bizトレンド > キーテクノロジー > 自動運転
Bizトレンド > ITとの融合 > スマートシティ
メディアトレンド > 技術トレンド > 自動運転
【記事に登場する企業】
デンソー
update:20/07/27