日経マネー 2020/09号

豊島逸夫の世界経済の深層真理
第103回 株高下の金バブル終焉か、さらなる上昇か

第103回緩和マネーや経済活動再開への期待で株式相場が上昇基調にある中、金価格が急騰している。NY金先物価格は7月1日に1800ドルを突破、8年8カ月ぶりの高値を付けた。株高下に生じた金バブルはいつまで続くのか。 国際金市場に異変が生じている。(126〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2599文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
メディアトレンド > ワーク&ライフ > お金
update:20/07/28