日経コンピュータ 2020/08/06号

特集1 新型コロナ時代の在宅勤務
〔1〕 緊急策がノーマルに 人事や業務も見直す

 IT環境の整備と並行して、各社は在宅勤務を継続するうえで役立つ情報を社員に伝える「周知活動」を進めた。2020年4月、三井住友海上火災保険は緊急事態宣言の発令を受けて、多いときには全社員およそ2万人のうち、7〜8割の社員が在宅勤務をすると決めた。その…(24〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8452文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 新型コロナ時代の在宅勤務(22〜23ページ掲載)
新型コロナ時代の在宅勤務
特集1 新型コロナ時代の在宅勤務(24〜29ページ掲載)
〔1〕 緊急策がノーマルに 人事や業務も見直す
特集1 新型コロナ時代の在宅勤務(30〜31ページ掲載)
〔資料編〕 中小企業に導入の好機 公的支援を一挙紹介
特集1 新型コロナ時代の在宅勤務(32〜35ページ掲載)
〔2〕 働き方を再定義する 新常態への4つの心得
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
Bizトレンド > ITとの融合 > 事業・働き方の変革
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > 技術トレンド > _働き方改革
update:20/08/13