日経コンピュータ 2020/08/20号

特集1 守り切れない時代のクライアントセキュリティー
守り切れない時代のクライアントセキュリティー

  日本を狙った標的型攻撃は年々高度化する一方であり、従来の対策でユーザーやデータを守り切るのは不可能になった。そんななか、先進的な企業や過去に「痛い目に遭った」企業が、攻撃の検知と感染後の対応に軸足を置くセキュリティー対策、「EDR(エンドポイン…(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:437文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 守り切れない時代のクライアントセキュリティー(22〜23ページ掲載)
守り切れない時代のクライアントセキュリティー
特集1 守り切れない時代のクライアントセキュリティー(24〜27ページ掲載)
〔1〕 もう攻撃は防げない 竹中工務店の大転換
特集1 守り切れない時代のクライアントセキュリティー(28〜31ページ掲載)
〔2〕 EDRの仕組みを解剖 攻撃見つける2手法
特集1 守り切れない時代のクライアントセキュリティー(32〜35ページ掲載)
〔3〕 EDRの頼れる相棒 場所問わず端末守る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > ICT > セキュリティ
update:20/08/27