日経コンピュータ 2020/08/20号

特集2
医療AIが命を救う
新型コロナで進む技術革新

 新型コロナウイルス感染症対策で医療現場でのAI活用が急拡大している。未知のウイルスに対する知見をいち早く共有し、感染リスクの少ない環境で患者をトリアージする。人間とAIが分業することで、診断や治療、創薬の効率を高める狙いだ。医療現場のAI活用は長くその必要性が叫ばれていたが、新型コロナ禍で一気に進み出した。(36〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8380文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(36〜43ページ掲載)
医療AIが命を救う
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
Bizトレンド > ITとの融合 > デジタルヘルス・医療IT
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > エレクトロニクス > デジタルヘルス
メディアトレンド > 健康 > 医療・予防
update:20/08/27