日経コンピュータ 2020/08/20号

ケーススタディー
日立ハイテク
Notesのサイロから脱却 デザイン思考でシステム刷新

 医療用分析装置や半導体分析機器などを手がける日立ハイテクは2019年10月、20年ほど利用してきたグループウエア「Notes/Domino」からの脱却を果たした。Notesの利用停止を決断したのは2014年末で、5年をかけて他のSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)などへ移行…(62〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4373文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > その他(情報共有システム)*
情報システム > 情報システム構築事例 > 情報システム構築事例全般*
ビズボードスペシャル > 事例 > 情報システム構築事例全般*
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
【記事に登場する企業】
日立ハイテクノロジーズ
update:20/08/27