日経ホームビルダー 2020/09号

知らねば売れぬ木構造のイロハ
「いつもベタ基礎」で安全?

 基礎の構造は、地盤の長期許容応力度に応じて定まる。簡単に言えば、硬い地盤では、接地面積が小さく建物の荷重が集中する(接地圧が大きい)布基礎を使用できる。軟らかい地盤では、接地面積の大きなベタ基礎にして建物の荷重を分散する必要がある。(74〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2006文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > 建築・土木 > 住宅
update:20/08/29