日経ホームビルダー 2020/10号

特集1 基礎の弱点を克服する
PART1設計編 基礎の仕様にも損傷の原因が 弱点3 荷重の集中する柱が傾く

 熊本県阿蘇市に立つ築13年の木造2階建て住宅は、2016年の熊本地震で1階の和室の柱が1000分の7傾き、柱の位置から北側の建物部分が傾斜した〔写真1〕。地盤は軟弱だったが、地震による地盤の液状化やベタ基礎の損傷は確認されなかった。基礎の下には地盤調査結果に…(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 基礎の弱点を克服する(28〜29ページ掲載)
基礎の弱点を克服する
特集1 基礎の弱点を克服する(30〜34ページ掲載)
PART1設計編 基礎の仕様にも損傷の原因が 弱点1 基礎梁や耐圧版が折れる
特集1 基礎の弱点を克服する(35ページ掲載)
PART1設計編 基礎の仕様にも損傷の原因が 弱点2 出隅のコンクリートが破壊
特集1 基礎の弱点を克服する(36〜37ページ掲載)
PART1設計編 基礎の仕様にも損傷の原因が 弱点3 荷重の集中する柱が傾く
特集1 基礎の弱点を克服する(38〜40ページ掲載)
PART1設計編 基礎の仕様にも損傷の原因が 弱点4 立ち上がりのない人通口
特集1 基礎の弱点を克服する(41ページ掲載)
PART1設計編 基礎の仕様にも損傷の原因が 弱点5 配管貫通口で鉄筋を切断
特集1 基礎の弱点を克服する(42〜43ページ掲載)
PART2施工編 品質確保に向けた施工管理を 弱点6 打ち継ぎ部の施工不良
特集1 基礎の弱点を克服する(44〜45ページ掲載)
PART2施工編 品質確保に向けた施工管理を 弱点7 締め固め不足でクラック
特集1 基礎の弱点を克服する(46ページ掲載)
PART2施工編 品質確保に向けた施工管理を 弱点8 コンクリートが入らない
特集1 基礎の弱点を克服する(47ページ掲載)
PART2施工編 品質確保に向けた施工管理を 弱点9 未確認の生コン品質
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 災害(建築・土木関連)#
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)#
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール#
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール#
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅設計・デザイン#
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > 建築・土木 > 住宅
update:20/10/01