日経コンピュータ 2020/10/15号

ケーススタディー
東京センチュリー
年間8000時間分の作業を自動化 RPA全社展開、ロボット管理に工夫

 東京センチュリーのRPA導入プロジェクトは2017年に本格的に始まった。実はそれ以前から一部の部署でRPAツールを導入していたが、全社的かつ継続的な取り組みにはつながっていなかった。山口修IT推進部長は「ソフトウエアロボットを全社に広めて、安定的に管理・…(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4928文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > ロボット#
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > ロボット#
車・機械・家電・工業製品 > 生産用機械 > ロボット#
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)#
情報システム > 情報システム構築事例 > 情報システム構築事例全般*
ビズボードスペシャル > 事例 > 情報システム構築事例全般*
Bizトレンド > キーテクノロジー > RPA
Bizトレンド > キーテクノロジー > ロボット
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
【記事に登場する企業】
東京センチュリー
update:20/10/22