日経ホームビルダー 2020/11号

リポート 構造図書の保存義務化
甘く見ると地震時に困る

 2020年3月に改正建築士法が施行され、4号建築物でも壁量計算書や4分割法計算書など構造図書の保存義務が課せられた。しかし、建築確認申請の際に構造図書の添付を省略できるのは従来のまま。このため、保存義務の効果を疑問視する声もある。(40〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5191文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令#
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令#
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > 建築・土木 > 住宅
update:21/12/11