日経コンピュータ 2020/10/29号

動かないコンピュータ
ゆうちょ銀行
相次ぐ口座の金銭被害 組織の縦割り体質が真因か

 2020年9月から10月にかけて、ゆうちょ銀行の不祥事が相次ぎ判明した。キャッシュレス決済関連の不正出金の被害額は約5000万円に及ぶ。不正アクセスによる個人情報流出なども明らかになった。一連の事件で共通するのは、セキュリティーに対する認識の甘さだ。(72〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3732文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システム障害#
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・セキュリティ問題#
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > ICT > セキュリティ
メディアトレンド > 技術トレンド > FinTech
【記事に登場する企業】
ゆうちょ銀行
update:20/11/18