日経コンピュータ 2020/10/29号

モバイル一刀両断
完全子会社でも至難の反転攻勢 ドコモはGAFAの侵食に抗えるか

 まず肝心となる料金の引き下げ。ドコモは2019年6月、政府の要請に応え、2500億円の減収を覚悟して新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を投入したが、想定していた競争力強化には結びつかなかった。2020年3月期は解約率こそ0.03ポイント低下したものの、純増数は…(96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1733文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収 ・業務提携#
Bizトレンド > ビジネス・サービス > GAFA・BATH
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > ICT > モバイル
update:20/11/18