日経コンピュータ 2020/11/12号

ITが危ない
5G特許数で後じん拝する日本 訴訟リスクは全産業に

 日本の携帯電話会社は5Gサービスの商用化で米国や韓国に1年遅れ、携帯電話基地局の売上高世界シェアでも国内メーカーは1%程度にとどまる。それにも増して懸念されるのが、技術力のバロメーターと言える5G関連特許を、海外の大手通信機器メーカーに軒並み押さ…(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3135文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システム障害#
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > Wi-Fi・移動通信システム(5Gなど)#
Bizトレンド > キーテクノロジー > 5G
メディアトレンド > ICT > ITシステム
update:21/01/07