日経コンピュータ 2020/11/12号

特集2 岐路の全銀システム
〔1〕 40年超不変の手数料 引き下げは既定路線

 全銀システムの運営元である全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が有識者会議や公正取引委員会の指摘を受け、関係者を集めたタスクフォースを設置したのは2020年5月のこと。ここから巨大システムの改革に向けた議論が本格化した。 全銀システムは全…(38〜40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3896文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 岐路の全銀システム(36〜37ページ掲載)
岐路の全銀システム
特集2 岐路の全銀システム(38〜40ページ掲載)
〔1〕 40年超不変の手数料 引き下げは既定路線
特集2 岐路の全銀システム(41〜43ページ掲載)
〔2〕 「開放」への3手法 大手主導に潜む不安
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > その他(通信・インターフェース技術・規格・プロトコル)*
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > 技術トレンド > FinTech
update:21/01/07