日経コンピュータ 2020/12/10号

ITが危ない
暗号化と暴露でカプコンに11億円要求 「二重脅迫型」ランサムウエアの脅威

 カプコンを襲ったマルウエアは2020年春以降に世界中で猛威を振るっている「二重脅迫型」ランサムウエアとみられる。一般的なランサムウエアは感染するとサーバーやパソコンのデータを暗号化し、復号したければ一定時間内に身代金を振り込めと脅迫する。この…(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2871文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策#
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システム障害#
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・セキュリティ問題#
政治・経済・社会 > 社会 > 事件・犯罪・防犯
メディアトレンド > ICT > セキュリティ
【記事に登場する企業】
カプコン
update:20/12/17