日経ヘルスケア 2021/03号

特集2 「もしもの時」の話をしよう
「もしもの時」の話をしよう
アドバンス・ケア・プランニング ACPで深化する看取り

人生の最終段階にどのような医療やケアを受けたいか─。高齢多死社会の到来、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への不安などを背景に、医療・ケアの方針や望む生き方を日ごろから繰り返し話し合う「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」の重要性が顕在化…(47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:304文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 「もしもの時」の話をしよう(47ページ掲載)
「もしもの時」の話をしよう
特集2 「もしもの時」の話をしよう(48〜50ページ掲載)
〔全体動向〕 COVID−19で早期のACP実施が重要に
特集2 「もしもの時」の話をしよう(51〜58ページ掲載)
〔CASE〕 ツールや新サービス提供で広がるACP
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
update:21/05/11