日経ヘルスケア 2021/04号

Report
大震災から10年、進化した沿岸部医療
在宅医療と多職種連携を定着・普及させた気仙沼巡回療養支援隊

 JRSによる在宅医療の展開は、食支援という新たな医療サービスの普及・定着にもつながった。きっかけは、高齢者に対する食支援の取り組みの「気仙沼口腔ケア・摂食嚥下・コミュニケーションサポート」活動である。 中心を担ったのは山梨市立牧岡病院の医師で…(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5755文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局#
update:21/04/17