日経ヘルスケア 2021/06号

コンサルタント工藤高の病院経営最前線
クラスター発生で今年1〜3月は7億円の減収に! ピンチをチャンスに変えて2大改革を実施

 ところが仕事始めの今年1月4日、外科病棟の入院患者が発熱したためPCR検査を行ったところ、「陽性」であることが判明。報告を受けた事務部長は、正月気分が一気に吹き飛んだ。さらに、別の病棟や職員にも複数の陽性者が確認されたので、院長をトップとする対…(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2935文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局#
メディアトレンド > メディア > 医療関連
update:21/07/19