日経ヘルスケア 2021/06号

コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!
改定後に一部のサービスでリスク増大 要注意は訪問看護と居宅介護支援

 今改定では居宅介護支援の基本報酬における逓減制の緩和もトピックだ。逓減制の適用対象となるケアマネジャー1人当たり平均ケアプラン件数が40件から45件へ見直され、ICT(情報通信技術)機器の活用などが要件とされた。業務の効率化に役立つ点が評価された形…(25〜26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2791文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療報酬#
メディアトレンド > メディア > 医療関連
update:21/07/19