日経ESG 2021/08号

Special Report3
TNFD開示対応の先端ツールの使い方
「自然の情報開示」に備える

 今年5月、責任投資原則(PRI)とUNEP-WCMCは、投資家がポートフォリオにおいて自然資本枯渇の潜在リスクにさらされている資産(エクスポージャー)を特定するプロセスを、ENCOREを使って解説した。 以下でモデルケースを見てみよう。架空の資産運用会社A社、投資…(48〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5516文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Special Report1(40〜43ページ掲載)
国内株主総会2021ダイジェスト
Special Report2(44〜47ページ掲載)
海外株主総会2021ダイジェスト
Special Report3(48〜51ページ掲載)
TNFD開示対応の先端ツールの使い方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績 ・投資・資金調達#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > ESG
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:22/01/28