日経ESG 2021/08号

ヨーロッパESG最前線
第65回 貿易摩擦の新たな火種か
EUの炭素国境調整措置 リーク報道で議論噴出

 この措置案に対し、いくつかの懸念が指摘されている。例えば、「EU域内の企業の製品には割高のCO2排出コストがかかっているので、域外へ製品を輸出する際に価格競争力が劣る。この不均衡をどう是正するか。(112〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2795文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題#
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治など) > 政治・経済・社会関連のエコロジー#
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > ESG
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:22/01/28