日経ESG 2021/09号

元システムエンジニアがTCFDに挑む
第24回 環境・社会データの保証
情報開示に欠かせないプロセス

 スコープ1と2は、燃料や電気の使用量に規定の排出係数を乗じれば算出できる。算出ロジックは簡単だが、その基になる大量のデータを正確に集めなければならず、地道な準備が必要だ。 私は各拠点の環境データを網羅的かつ正確に集めるために標準データフォー…(86〜87ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2711文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績 ・投資・資金調達#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > ESG
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
【記事に登場する企業】
野村総合研究所
update:21/11/25