日経ヘルスケア 2021/08号

判例に学ぶ医療・介護トラブル回避術
身体拘束を行った患者が死亡 二審では病院に過失ありと判断

 Aは入院中の12月9日、大声や多動などの不穏な言動が多く見られたため、保護室で隔離された。隔離中の12月12日10時ごろ、Aは不満をまとまりなく訴え、興奮して「殴らせろ」と述べるなどの言動が見られた。数時間後に一度保護室から出室したが、「オレはケイサツ…(90〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4601文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般#
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故#
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般#
メディアトレンド > メディア > 医療関連
update:21/08/17