日経コンストラクション 2021/08/23号

特集 維持・補修2021 制約を突破するリニューアル技術
補修/頭首工の再生
ICT施工をはつり作業に転用

 測量の結果は懸念通りで、断面の曲線形状などの違いが顕著に現れた(図2)。そこで同社は3次元データを活用。現況に近く、はつり量が最も少なくなる形状を割り出し、設計変更を提案した。 他方、設計の見直しに時間を取られ、工程は押した。(33〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3042文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 維持・補修2021 制約を突破するリニューアル技術(28〜29ページ掲載)
制約を突破するリニューアル技術
特集 維持・補修2021 制約を突破するリニューアル技術(30〜32ページ掲載)
補修/床版取り換え
特集 維持・補修2021 制約を突破するリニューアル技術(33〜35ページ掲載)
補修/頭首工の再生
特集 維持・補修2021 制約を突破するリニューアル技術(36〜38ページ掲載)
改良/床版の補強
特集 維持・補修2021 制約を突破するリニューアル技術(39〜41ページ掲載)
改良/橋脚の仮締め切り
特集 維持・補修2021 制約を突破するリニューアル技術(42〜43ページ掲載)
仮設の技術開発
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール#
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例#
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例#
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール#
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例#
メディアトレンド > 建築・土木 > 土木
メディアトレンド > 技術トレンド > iコンストラクション
メディアトレンド > メディア > 建設/土木関連
【記事に登場する企業】
真柄建設
update:21/08/30