日経アーキテクチュア 2021/08/26号

意匠設計者のための 木造住宅・構造計算
第4回 筋交いの壁倍率は過大になっている

 まず耐力壁の実験は、ルールが決められている。1間幅(1820mm)の実際の壁を製作し、桁にジャッキを取り付け、押し引きの繰り返し荷重を加える〔図2〕。押し引きするのは、地震力が繰り返しの揺れだからだ。(84〜87ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4094文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅設計・デザイン#
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > メディア > 建設/土木関連
update:21/09/02