日経ESG 2021/11号

Cover Story 生物多様性で淘汰の時代に
EUが自然資本のタクソノミー
生物多様性も輸入障壁に

 その他の3〜6は、欧州委員会が設置した「サステナブルファイナンス・プラットフォーム」の技術作業部会が検討し、今年8月に基準案が発表された。基準案は、欧州の産業分類に基づく経済活動ごとに、影響が大きいと思われる環境目標に絞って検討された。下の表…(33〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4140文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story 生物多様性で淘汰の時代に(20〜21ページ掲載)
生物多様性で淘汰の時代に
Cover Story 生物多様性で淘汰の時代に(22〜25ページ掲載)
国連、企業、投資家の認識が一致
Cover Story 生物多様性で淘汰の時代に(26〜29ページ掲載)
BNPパリバ・アセット、ロベコが先手
Cover Story 生物多様性で淘汰の時代に(30〜32ページ掲載)
アップルや花王が本腰
Cover Story 生物多様性で淘汰の時代に(33〜35ページ掲載)
EUが自然資本のタクソノミー
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
メディアトレンド > ビジネス・経済 > ESG
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:21/11/25