日経ESG 2021/11号

洋上風力発電 AtoZ
第3回 動き始めた日本版セントラル方式
開発プロセスの切り分けが焦点に

第3回再生可能エネルギーの大量導入に向け、政府主導の開発アプローチの検討が進む。そこでは、先行して地域との合意形成を進めてきた事業者への配慮が必要だ。浅野 達/SMBC日興証券 ESGアナリスト兼科学技術アナリスト 政府は2050年のCO2排出実質ゼロ目標の達…(104〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2727文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > 水力・風力・地熱発電
メディアトレンド > ビジネス・経済 > ESG
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:21/11/25