日経コンピュータ 2021/10/14号

ITが危ない
JR東日本の監視カメラ問題「顔認識」導入に潜むリスク

 JR東日本は実際に7月から東京五輪・パラリンピック開催に伴うテロ対策の一環で、顔認識機能を備える新たな防犯システムを導入していた。新幹線や在来線の主要駅約110駅に約5800台、車両基地の約70カ所に約800台、変電所など約600カ所に約1200台、線路沿線の約400カ…(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2719文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 認証(セキュリティ)#
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > ICT > セキュリティ
メディアトレンド > メディア > コンピュータ関連
【記事に登場する企業】
JR東日本
update:21/10/21