日経ESG 2021/12号

ヨーロッパESG最前線
第69回 ドイツ政界、大きく刷新へ
緑の党含む連立政権誕生へ 脱石炭を8年前倒しか

 現在の時点では、SPDのショルツ氏を首相として、緑の党とFDPによる初の三党連立政権が最も有力と見られる。SPDのシンボルカラーは赤、FDPは黄色なので、「信号機連立」と呼ばれる。 数の上ではCDU・CSUと緑の党、FDPの連立でも連邦議会の議席の過半数を取れる。(124〜125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2446文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題#
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治など) > 政治・経済・社会関連のエコロジー#
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > ESG
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:21/11/25