日経ヘルスケア 2021/11号

コンサルタント近藤貴史の介護実地指導雄対策、伝授します!
居宅介護支援のケアマネジャーです。利用者の家族の希望で、ベッドからの転落防止のため4点柵を福祉用具貸与しています。この場合、家族の希望なので身体拘束にはならないと考えてよいですか。

自治体の担当者が介護施設・事業所を定期的に直接訪問し、適切に事業が運営されているかを確認する実地指導。不備があれば事業所の指定の取り消しや効力の停止にも及びかねません。実地指導の対策や押さえるべきポイントについて、敏腕コンサルタントが伝授し…(92〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2738文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 看護・介護機器
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
メディアトレンド > メディア > 医療関連
update:21/12/16