日経アーキテクチュア 2022/04/28号

有名建築その後
東京海上日動ビル本館(1974年竣工)/前川唯一の超高層が解体
48年の歴史に幕、経済発展と共にオフィスニーズが変化

その時代に意匠や技術の粋を集め、社会の期待を背負って華々しく竣工した「名建築」がある。時が流れ、建築に求められる役割が変わったときに、「名建築」は建築界に何を残すのか。連載第1回は、超高層時代のはしりといえる東京海上日動ビル本館を取り上げる…(56〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6002文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > メディア > 建設/土木関連
update:22/05/05