日経NETWORK 2022/05号

特集1 セキュリティーキーワード2022
IRM
ファイルの利用を制限する仕組み

 IRM▼は業務で利用する文書などのファイルを暗号化し、利用者に応じた権限を付与することでファイルの利用を制限する仕組みだ。IRMを使えば自分の端末の外にあるファイルや、送信者の手元を離れたファイルも制御下に置くことができる。つまり、メールの誤送信…(33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1321文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 セキュリティーキーワード2022(20〜21ページ掲載)
セキュリティーキーワード2022
特集1 セキュリティーキーワード2022(22〜23ページ掲載)
〔プロローグ〕 攻撃の高度化と人材不足に対応
特集1 セキュリティーキーワード2022(24〜25ページ掲載)
SASE
特集1 セキュリティーキーワード2022(26〜27ページ掲載)
CSPM
特集1 セキュリティーキーワード2022(28〜29ページ掲載)
SOAR
特集1 セキュリティーキーワード2022(30〜31ページ掲載)
SOC
特集1 セキュリティーキーワード2022(32ページ掲載)
UEBA
特集1 セキュリティーキーワード2022(33ページ掲載)
IRM
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
メディアトレンド > ICT > セキュリティ
メディアトレンド > ICT > ネットワーク
メディアトレンド > メディア > ネットワーク関連
update:22/05/05