日経ドラッグインフォメーション 2022/05号

特集 抗菌薬アップデート
〔基本編〕 経口抗菌薬の使い方
これだけは押さえたい

 呼吸器疾患と並んで、ペニシリン系薬が多く処方されるのが耳鼻咽喉疾患だ。ブドウ球菌、レンサ球菌、インフルエンザ菌などを主なターゲットに、急性の鼻副鼻腔炎や中耳炎などに使用されるが、いずれの疾患もウイルス感染が発端であることが多いため、重症度…(4〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9929文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 抗菌薬アップデート(1ページ掲載)
抗菌薬アップデート
特集 抗菌薬アップデート(2〜3ページ掲載)
〔プロローグ〕 変わる抗菌薬の処方動向
特集 抗菌薬アップデート(4〜9ページ掲載)
〔基本編〕 経口抗菌薬の使い方
特集 抗菌薬アップデート(10〜12ページ掲載)
〔実践編〕 抗菌薬の処方箋を受けたら
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 薬品#
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬#
メディアトレンド > メディア > 医療関連
update:22/05/08