日経ドラッグインフォメーション 2022/05号

フォローアップに生かす薬歴の書き方
〔第9回〕 問題なくても確認したことは記録しておく

 新たに薬が処方されたときには、副作用の初期症状とその対処法の説明も非常に重要です。イクスタンジで頻度の高い副作用は、疲労感や食欲減退です。重大な副作用でなくても継続不可の原因になり得ますので、あらかじめ伝えておく必要があるでしょう。(14〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5819文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬#
メディアトレンド > メディア > 医療関連
update:22/05/08