1. サービスの利用の仕方について
2. 収録されている記事データについて

Q. 記事を見ようとしたが表示されない。エラー画面になってしまう。

A. アクセス制御のためにあらかじめご登録している御社のIPアドレスが違っていることが考えられます。御社ネットワーク担当者の方に、ネットワークシステムの変更等が無かったか、ご確認をお願いいたします。もしIPアドレスの変更があった場合は、弊社までご連絡下さい。

問合せ先:TEL:03-6811-8806
     日経BP社「日経BP記事検索サービス」担当

Q. 検索結果が複数ページに渡って表示されるが、2ページ目以降に進めない/進もうとすると、エラー画面が表示される

A. 本サイトはJavaScriptの使用を前提として作成されています。下記の手順で設定をご確認ください。
 なお、以下で記載している方法で設定を行うと、設定内容が日経BP記事検索サービス以外のサイトにも適用されます。もしセキュリティ・ポリシーに抵触する可能性があるようなら、システム管理者にご相談ください。

<JavaScriptの設定方法例>
●IE 6の場合
 メニューバーの「ツール」から「インターネットオプション」を選択し、「セキュリティ」のタブをクリックします。ゾーンの選択欄の中から「インターネット」を選択し、セキュリティの「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックしてください。新しく「セキュリティの設定」ウィンドウが開きますので、その中の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」に設定してください。

●Netscape 7の場合
 メニューバーの「編集」から「設定」を選択します。左側のカテゴリの一覧から「詳細」の下にある「スクリプトとプラグイン」をクリックしてください。右側の欄に「JavaScriptを有効にする」という欄がありますので、「Navigator」にチェックをしてください。

※ブラウザのバージョンによって設定方法が異なる場合があります。その場合はブラウザのヘルプ等をご参照ください。

なお、本サイトではJavaScriptは画面遷移や、レイアウトを最適化するために利用しています。

上記方法でも問題が解決しない場合は、システムの不具合も考えられますので、弊社までご連絡下さい。

問合せ先:TEL:03-6811-8806
     日経BP社「日経BP記事検索サービス」担当

Q. 記事データを利用できる範囲について知りたい。

A. 日経BP記事検索サービスでご提供する、弊社記事についての利用方法は以下の通りとさせていただきます。

●記事およびデータのご利用範囲について
日経BP記事検索サービスのご契約者は、日経BP記事検索サービスの提供する記事やデータを閲覧・プリントアウトすることができます。
ただし、利用申込書に記載された利用部署・部門内であっても、記事やデータをメールで配信・転送することや、電子コピーを作ることはできません。また社内LAN及び社外ネットワーク上に記事やデータそのものを掲載・流通することはできません。また、プリントアウトした記事やデータを回覧することや、ハードコピーして配布することはできません。

●記事の転載・翻訳・抜き刷り等について
記事の転載・翻訳をご希望の方は、日経BP社 著作権担当窓口(電話 03-6811-8348)へご照会ください。その都度、専用の用紙にて申請いただく形となります。
無断転載は著作権侵害となります。なお、事前にご連絡いただいた場合でも、ご利用をお断りするケースもございます。商用の大量印刷(抜き刷り)やデジタル媒体(CD-ROM、イントラネット、インターネット等)への全文転載は基本的に有料(日経BP記事検索サービス利用料金とは別・別途見積もり)となります。予めご了承ください。
上記案件につきましては、その都度、日経BP社デジタルコンテンツ局営業部(電話:03-6811-8806)または代理店までご相談ください。

※本サービスで提供する記事データの無断転載・複製・改ざんを禁じます。
※日経BP社サイトの著作権・リンクについてはこちら

Q. PDFデータが表示できない。

A. 「日経BP記事検索サービス」でご提供しておりますPDFデータは、Adobe Systems社が提供しているAcrobat Readerにて閲覧が可能です。まず、ご利用されているPCに、Acrobat Readerがインストールされているかをご確認下さい。まだであれば左のボタンか、下記のURLよりダウンロードすることが可能です。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep.html

※ブラウザーのバージョンによるPDF表示方法について

Netscape6.0以上のバージョンについては、直接PDFデータを開けない場合があるとの報告を受けています。
Netscape6.1、6.2では、「PDF版」のボタンをクリックすると、直接PDFを開くことが可能です。
Netscape6.0、6.01では、上記の方法ではクリックしても開くことが出来ない場合があります。この場合は、「PDF版」のボタンを右クリックして表示されるメニューの中から、「新しいウィンドウを開く」を選択していただくと、PDFデータを表示することが可能です。もしくは、同じく右クリックして表示されるメニューの「リンクに名前をつけて保存」を選択し、一度ローカルに保存してからご覧いただくことも出来ます。
なお、上記はあくまで弊社テスト環境での検証になります。お客様のご使用環境によっては上記と異なる結果となる可能性もございます。何卒ご了承下さい。

Q. 最新号の検索・閲覧ができるタイミングは?

A. 週刊誌・隔週刊誌・月刊誌ともに、発行日(雑誌の発売日)の1週間後に反映されます。例えば、日経ビジネスは毎週月曜日に発行されますが、翌週の月曜日になると当該号がアップされます。

Q. 探している記事が収録されていない。

A. 雑誌の記事をデータ化するにあたって、寄稿記事など、弊社にニ次使用権のない記事は除外しています。また、写真や図表などにも、使用権のないデータが一部含まれています。これらをPDF形式でご覧になったときには、図表・写真の代わりにのマークで表示されます。今後、このようなデータをできる限り減らしていくよう、対応を検討しております。何卒ご了承下さい。

Q. PDFデータに検索したものと違うものが含まれている。

A. PDFデータは、雑誌のページ単位で一つのファイルにしています。そのため、一つのページ内に複数の記事がある場合は、PDFデータにおいても該当記事以外の記事も表示されます(テキストデータは該当記事のみの表示)。あらかじめご了承下さい。